teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


会誌106号原稿募集

 投稿者:編集長S  投稿日:2017年 3月19日(日)22時18分33秒
  毎度おなじみ編集長Sです。
間もなく、会誌106号の締め切りです。
会員のみなさん、原稿をよろしくお願いします。
『十日間の不思議』のアンケートや評論やエッセイなどを待って
います。
また、ネヴィンズの『推理の芸術』、ジュニアもの『黒い犬と逃
げた銀行強盗』、『本格ミステリー・ワールド2017』などの
感想もよろしく。
クイーンに関することなら何でもいいので、参加をお願いします。
 
 

「本の旅人」3月号

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2017年 3月 1日(水)21時24分42秒
   飯城勇三です。
 角川書店のPR誌「本の旅人」の、先日出た3月号に書評を
書きました。どの本だと思いますか? 角川つばさ文庫から出
たエラリー・クイーンの『見習い探偵ジュナの冒険/黒い犬と
逃げた銀行強盗』です。
 2pも書かせてもらいました。クイーン・ファンは、ぜひ読
んでみてください。本屋で無料で入手できますが、すぐなくな
るそうなので、急いで手に入れましょう。
 また、この書評を書く際に、シリーズの担当編集者に興味深
い話を聞かせてもらいました。5月発行のEQFC会誌で紹介
しますので、お楽しみに。
 

日経新聞の書評

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2017年 2月 5日(日)12時02分6秒
   飯城勇三です。
 F・M・ネヴィンズ『エラリー・クイーン 推理の芸術』の
書評が、日経新聞の本日(2/5)朝刊に掲載されました。
評者は法月綸太郎さんです。
若島さんの毎日新聞の書評と同じく、力のこもった評なので、
ぜひ、他の購読紙の人も読んでみてください。
こちらも、会誌には当面、再録しないつもりですので。
 

『見習い探偵ジュナの冒険』 続刊

 投稿者:kenji  投稿日:2017年 1月28日(土)12時17分2秒
  『見習い探偵ジュナの冒険 黒い犬と逃げた銀行強盗』が角川つばさ文庫から出ました。
これで2冊目。続くかな?
 

毎日新聞の書評

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2017年 1月22日(日)22時40分51秒
   飯城勇三です。今年もよろしくお願いします。
 F・M・ネヴィンズ『エラリー・クイーン 推理の芸術』の
書評が、毎日新聞の本日(1/22)朝刊に掲載されました。
評者は若島正さんです。
力のこもった評なので、ぜひ、他の購読紙の人も読んでみてく
ださい(長文の評なので、問題にならないよう、会誌には当面、
再録しないつもりです)。
 

HP更新しました

 投稿者:編集長S  投稿日:2016年12月18日(日)22時46分11秒
  毎度おなじみ編集長Sです。
HP更新しました。
例によって「HPマスター」氏に感謝!
(1)会誌105号の紹介を追加
いつものように興味深い原稿やレア情報などが満載。
送料込み1500円ですので、会員以外の方は、ぜひ
注文してみてください。
 100号記念特別号(送料込み2000円)の方も、
まだ残部があるので、こちらもよろしく。
(2)「クイーン関連本」に国書刊行会『エラリー・
クイーン 推理の芸術』を追加。
クイーン・ファンは、ぜひ読んでみてください。面白
いですよ!
 

『本格ミステリーワールド2017』

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2016年12月16日(金)23時54分40秒
   飯城勇三です。
 私が寄稿した南雲堂の『本格ミステリーワールド2017』の
見本刷りが届きました。私の原稿については、会誌の105号に
書いた通り、以下の3つ。
(1)二階堂黎人さんと私との対談
  「エラリー・クイーン×新本格×飯城勇三」。
(2)評論「併走するエラリー・クイーンと新本格」
(3)「『十角館の殺人』贋作と評論」
これに加えて、森脇晃さんのエッセイ「エラリー・クイーン・
ファンクラブの軌跡」と、森脇かおりさんの1pコミック「角
川版『チャイナ蜜柑の秘密』解説図解はこうして生まれた」。
 しかし、実物が届くと、さらに島田荘司さんの評論「日本人
にとってのエラリー・クイーン」もあり、他にもクイーンへの
言及が多かったですね。
 書店に並ぶのは17日だそうです。クイーン・ファン、本格
ミステリー(特に新本格)ファンのみなさん、購入をよろしく
お願いします。
 

会誌105号発送!

 投稿者:編集長S  投稿日:2016年12月13日(火)22時21分46秒
  毎度おなじみ編集長Sです。
EQFC会員のみなさま、会誌105号は、間もなく届くと
思います。東京には、もう着いた人もいるようですね。
ダネイ夫人の回想録や、ラジオドラマの翻訳、新訳の感想、
『エジプト十字架』特集等、盛り沢山です。
楽しんでください。
 

会誌QUEENDOMの105号

 投稿者:編集長S  投稿日:2016年12月 3日(土)23時53分58秒
  毎度おなじみ編集長Sです。
会誌QUEENDOMの105号は、12/11発送予定です。
遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
 

『推理の芸術』の実物

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2016年11月18日(金)22時30分31秒
   毎度おなじみ飯城勇三です。
 F・M・ネヴィンズ『エラリー・クイーン 推理の芸術』
(国書刊行会)を、本日、受け取りました。書店には25日
から並ぶそうです。
 中身のすばらしさは言うまでもありませんが、本として
も魅力的です。手に取ると、手元に置きたくなりますね。
なぜか国書の『世界探偵小説全集』みたいに月報(?)が
はさまっていますよ。
 みなさんの感想が楽しみでなりません。
 

レンタル掲示板
/25