teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


シラタマガイの学名について

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 6月13日(木)09時04分54秒
  申し訳ございません。アラボリシラタマという貝は
アラスジシラタマ Dolichupis producta (Gaskoin, 1836)
と同じなのだそうです。オールドコレクションの標本のラベルのまま掲載したのでこういう事になってしまったようです。
次回更新時に直しておきます。
 
 

シラタマガイの学名について

 投稿者:アキオさん  投稿日:2013年 5月23日(木)19時53分56秒
  はらはちさんの「月刊 沖縄と貝」でシラタマガイが取り上げられておりました。
その件でこちらのシラタマガイをチェックしていましたら、アラスジシラタマとアラボリシラタマの学名が同じproductaになっています。
どちらが正しいのでしょうか。

 

たぶん・・

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 4月11日(水)22時18分11秒
  サオトメイトヒキマイマイという外国のカタツムリではないかと思います。
この貝は比較的お土産屋さんに置いてある可能性が高いので、誰かが捨てたものではないでしょうか。
検索エンジンで「サオトメイトヒキマイマイ」と検索すればまず出てきます。
 

ご存知であれば教えてください

 投稿者:まゆみ  投稿日:2012年 3月10日(土)09時44分58秒
  貝殻についてまったくの素人です。
かなり前に、公園で拾った貝殻ですが、ソフトクリーム状に巻いています。貝の本体は白く、巻きに沿ってオレンジ、黄色、ブルー、茶色の線が綺麗に入っています。あまりに綺麗で人工的に着色されたものと思ってましたが、今になってよく見ると貝の内部にも同様のグラデーションが入っていて、人の手によるものとは思えなくなって来ました。画像がないので分かり辛いですが、こんな貝ご存知でしたらその正体を教えてください。。。
 

ヒメホシダカラとヤマネコダカラ

 投稿者:のぶドラメール  投稿日:2011年 8月22日(月)23時00分11秒
  ヤマネコダカラはヒメホシダカラの別名で、地の色が赤褐色のばあいヤマネコダカラだそうです。

http://ameblo.jp/srjrd804/

 

ムラサキアンボイナ

 投稿者:かずら12  投稿日:2010年 4月 5日(月)18時01分48秒
  こんにちは。
そうですね!これはシロアンボイナですね。
ムラサキアンボイナはもっと細身で小さい貝です。
ありがとうございました。
 

ムラサキアンボイナ

 投稿者:常陸  投稿日:2010年 2月15日(月)16時17分17秒
  はじめまして。茨城で貝収集をしている常陸と申します。
このサイトはけっこう見に来るんですが、ちょっと気付いた点があったのでご報告しようと思います。
アンボイナの次に紹介されているムラサキアンボイナですが、写真を見る限りシロアンボイナだと思うのですがどうでしょうか?
 

返答

 投稿者:かずら12  投稿日:2009年 6月28日(日)20時47分39秒
  lke585899 さん、ありがとうございます。
返答はめーるで。

http://www.geocities.jp/kazura32/akaigareisi.html#Anchor22256

 

changa shells

 投稿者:lke585899  投稿日:2009年 6月22日(月)23時24分9秒
  mail:lke585899@yahoo.com.tw  

changa shells

 投稿者:lke585899  投稿日:2009年 6月22日(月)23時20分41秒
  艇挫:厘轅堙_・住Q晩云volutes--hirasei. prevostiana. concinna. 參掴.TaiwanせQ,Family: Naticidae. Cassidae. Volutidae吭房泌採?  

レンタル掲示板
/14