teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


柄杓で掬う

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 1月31日(木)21時05分23秒
返信・引用
   チベツト在住の叔母さん へ
柄杓で掬い取るのも いいですねぇ~
美味しくいただいています。
 
 

甕雫ですか?

 投稿者:チベツト在住の叔母さん  投稿日:2013年 1月29日(火)18時23分39秒
返信・引用
   私も飲んだことがあります。口当たりが良くとても美味しかったですよ。それと柄杓で汲むところが良いですよね。  

焼酎「甕雫」

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 1月27日(日)22時09分39秒
返信・引用 編集済
   従姉弟のD.O氏から 焼酎「甕雫」をいただきました。「かめしずく」と読みます。

『宮崎の芋焼酎。創業時から伝わる大甕で仕込む。原料の一部に子会社で有機栽培したベニコトブキを使用。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数20%。蔵元の「京屋酒造」は天保5年(1834)創業。所在地は日南市油津。』
 美味しくいただいた後は、甕(かめ)と柄杓(ひしゃく)をランの展示用に流用しようと考えています。
どのように使えたかは、使ったときに紹介します。
 

赤星胡麻斑

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 8月19日(日)11時08分57秒
返信・引用 編集済
   趣味の鯉釣りの餌を求めて バイクで田圃道を走ったり、林を抜けたり
していると、林の中で 何やら捕虫ネットを持った中年男性に遭遇。
聞いてみると、赤星胡麻斑(アカボシゴマダラ)という蝶を探しているという。
東アジアの広域分布種で、日本ではもともと奄美大島とその周辺の島々だけに固有の亜種が
いたそうだが、1995年に埼玉県秋ヶ瀬公園などで突如として確認されていらい。
そして、関東地方北部まで生息域が広がっているとのことです。
人為的に放蝶しているとの情報もWebで見られます。
 いずれにしても、趣味の鯉釣りでは 外来種のアメリカナマズに悩まされているのと
同じで、この蝶も「要注意外来生物」に指定されているようです。
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/60400.html
 

(無題)

 投稿者:チベツト在住の叔母さん  投稿日:2011年12月29日(木)12時20分24秒
返信・引用
  活ホタテ美味しそう、私も食べてみたいわ参考になりました。  

暑中お見舞い申し上げます

 投稿者:坂東太郎。  投稿日:2011年 7月13日(水)22時36分29秒
返信・引用
  連日の猛暑、酷暑に加えて節電、、、大変な夏を乗り切らないといけない訳ですが、今後来年も再来年もこんな 猛暑酷暑 が当たり前の夏になるんですかねえ!!
管理人様とはなかなか釣り場で会う機会も無いですが。。。くれぐれもお大事に!!
 

熱中症か?

 投稿者:KaakaChan's World管理人  投稿日:2011年 7月 9日(土)08時33分44秒
返信・引用
   今日 釣りに行こうと考えていたが、昨日朝からドンノクボ(方言:首筋の後ろの部分、うなじの中央部分)と額のあたりが重く、体温も37℃ ・・・
節電もあり室内温度が高いところにきて、私の年による体力低下から 熱中症 になったと思われます。
そんなわけで、釣りを中止して、これから病院に行ってきます。
 

橋の上にもウン年

 投稿者:KaakaChan's World管理人  投稿日:2011年 6月22日(水)21時53分43秒
返信・引用
   私の会の会長も 苦節ウン年? 今年は137センチの青魚に つづいて大会で個人の部94cmの大物賞 と ツキまくっています。
「坂東太郎。」さんも 順番待ちですよ・・・・ そのうち、我々だけの約束の 初メーターオーバー をゲットするに違いありません。
 

三無いで乾杯!?完敗!!

 投稿者:坂東太郎。  投稿日:2011年 6月22日(水)19時26分13秒
返信・引用
  大会後の釣り場はどうなんでしょうかねぇ~?!

参加者の撒いたタニシで腹いっぱいで大会後に同じポイントで竿出しても食い気低下!?

運無し!
腕無し!!
釣果無し!!!

鯉写メが無いので下幡木の夕日を~!!
 

りょう の ほう さんへ

 投稿者:KaakaChan's World管理人  投稿日:2011年 6月12日(日)21時39分50秒
返信・引用
  「梨屋アリエ」は、アダルト いや ヤングアダルト という分野の 作家です。
アダルトは エッチ本だものね・・・
中学生前後を対象にした小説家のようです。ある大学の非常勤講師もしているようですが、最初は、○○の音楽教室のピアノの先生でした。
夏休みの読書感想文の 指定図書 になったり、 5月は読売新聞で 週一の連載を持っていたようです。
 同じ血を引くChanですが、まったく文章が下手で・・・
では またね
 

レンタル掲示板
/31