teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ご連絡(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


大分の空の下より

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 4月 4日(水)21時57分29秒
  皆さん練習頑張ってますか?冬から急に春になりもう夏日みたいです。
桜も満開から今は桜吹雪の状態です。別府市郊外の花畑ではチューリップも咲き乱れてますよ
天気のニュースではそちらも夏日のようですね。
急な気温の変化体調に気をつけて頑張って下さい。
  M.E
 
 

大分の空より

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 2月18日(日)14時20分31秒
  今年の冬は寒かったですね。
此方も雪が積もる日々が続き我が家もトイレや洗濯機など水回りの水道管が凍って大変な日がありました。
その季節も終わりに近ずき
梅の花も満開です。
春はもうすぐです。
練習頑張って下さいね。
大分の空の下より
              MS
 

劇団希求事務局

 投稿者:事務局  投稿日:2017年12月31日(日)22時47分19秒
  2018年新年おめでとうございます。
本年も、多様な考え、多様な立場の「個々人の居場所」を大切に、
氷山の一角の見えない底を顕在化していくために
背丈を見つめつつ、地域自立演劇活動を進めていきます。
ご支援、ご協力をお願いします。
ファィト!
                 事務局
 

劇団希求稽古納め

 投稿者:事務局  投稿日:2017年12月26日(火)23時22分20秒
  各位
 本年も、皆さんのより良い(いい<湯>加減)チームワークによる演劇活動により
 背丈にあった、問題提起(持ち帰ってもらえる話題)の芝居として
 「歌わせたい男たち」「人を食った話」を上演できました。
 お疲れさまでした。
 非常に多いセリフを駆使した校長先生、ユニークな個性を発揮した先生、
 それぞれのキャラクターを表現した先生たち、記憶に残りますね。
  人を食った話は、更に磨きがかかる7月が楽しみです。

 残念なことに、佐藤文彦さん、(劇団創立時の)小畠正治氏が、
 この世の幕を閉じ、彼岸へ渡りました。 合掌。

 2月は、キャッチ関連の撮影を予定しています。
 土曜日の昼か、火曜日の夜に、即興劇を録画予定です。

 では、みなさん、良いお年を。

 新年は、1月11日(木)が、稽古始めです。

 今年、1年お世話になりました。
 ありがとうございました。
             事務局

 

事務連絡

 投稿者:事務局  投稿日:2017年12月21日(木)16時48分16秒
  今後の活動について
 1.来年7月の本公演に向けての協議。準備そして稽古
 2.1から2月1キャッチ撮影内容の協議と撮影
 3.来年5月の知立文化協会イベントへの検討
今年もあとわずかです。・・・健康管理と来年に向けて、ファィト!
 

大分の空より

 投稿者:事務局  投稿日:2017年12月17日(日)14時59分45秒
  もういくつ寝るとお正月ですね。
今年も皆さん頑張ったようですね。公演の成功おめでとうございます。
年明けまではゆっくりして
来年の公演に向けてファイトです。
来年も大分の空の下から応援してます。
皆さん良いお年を。
           M.E
 

演劇フェスティバルを終えて

 投稿者:事務局  投稿日:2017年12月10日(日)20時09分55秒
  今年は、「人を食った話」を上演しました。
ご来場有難うございました。
また、お花(M.Lさん)、お菓子(K.T)、提言等々の差し入れ
ありがとうございました。
演劇等文化芸術活動を居場所としている同志、お疲れさまでした。
今回の公演をバージョンアップして、7月7,8日(土・日)予定の
自主公演を創意工夫していきましょう。
ファィト!

                 事務局

 

演劇フェステバルについて

 投稿者:えつじい  投稿日:2017年11月28日(火)17時48分4秒
  知立演劇フェステバルにつて問い合わせします。今年も出演しますか。情報をください。  

鈴木先生へ

 投稿者:事務局  投稿日:2017年11月19日(日)18時01分27秒
  連絡が遅くなり申し訳ありません。
沼田曜一氏の民話劇場の本ですが、探しましたが、手元に見当たりません。
刈谷図書館等で、探索をお願いします。

※ドナーハンターですが、戯曲として読む場合の印象と舞台化した場合を想定した印象で
 解釈が、異なるのではないかと思います。
 ご存知のように、昨今、本、映像等で、人間のクローン製造により、臓器を提供をする
 といったことが、問題提起されています。
 科学的な説得力と人間感情との間で、揺れ動く思いは、なかなか「笑い」としては難題です。
                                    希求 、






 

民話劇場について

 投稿者:えつじい  投稿日:2017年10月24日(火)15時25分51秒
  「ドナーハンター」読んでいただいて有り難うござます。よみ終わるお読み捨て下さって結構です。ただ、希求のひとたちの戯曲読解力はこんな程度だったかと、いささか残念におもいました。もう少しつっこんだ批評を期待したのですが。H表現がまさるという批評ですが、ほぼ100分にわたるこの劇のどれだけの時間を取っているでしょうか。時間にして1、2分。台詞の量からいっても5,6行のところです。あのシーン以外には無かったと思います。それに狂言は元々その淵源は田楽に由来するもので、古くは黒白の翁と媼がセックスシーンを演じて豊作を祈った演芸を祖としているものです。一度以前のように皆さんと対面してお話を聞きたいと思っています。
 話はかわりますが、以前愛知万博の時に希求が演った沼田曜一の民話劇場の台本、今でもお持ちですか。持ってみえたら貸していただけないでしょうか。
 

レンタル掲示板
/97