teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


自公の圧勝に終わった衆院選・国民は民営化を支持〃

 投稿者:町の議員  投稿日:2005年 9月15日(木)21時13分32秒
返信・引用 編集済
   今回の選挙は、郵政民営化、賛成か反対かを問う選挙と位置付けた小泉政権。

もっとほかに大事なことがある。それは年金の一元化、子育て支援だと、郵政民営化議論から争点そらしに紛争した民主党。

国民の判断は民営化を支持、小泉政権の圧勝に終わった。

そこで、今回の選挙結果を踏まえて検証しておきたい。

 まず、郵政民営化の意義について、
郵便貯金や簡易保険を通じて集められた約340兆円にも上る資金が、国債や特殊法人に流れていることから、国の行政を肥大化させ、ムダ遣いの温床になっている。
民間のお金が官のみに流れているこのお金の流れを断ち切り、民間のお金を民間に回るように変えようとするのが郵政民営化だ。

現在、郵政公社で行っている3事業、
郵便事業は、電子メールなどの普及で長年赤字が続いています。過去5年間で売り上げが   約1500億円減少しています。
また、現在、普通・特定合わせて2万局の内、1万8000局が赤字になっています。
郵貯も、過去5年間で郵貯残高が約33兆円減、4年後には約630億円の赤字が見込まれ、簡易保険もこの5年間で1280万件取引件数がへっています。

公社のまま3事業を続けていくならば、近い将来大きな赤字に転落することが目に見えています。国民の税金を投入し不良債権を処理しなければならない事だけは、避けなければなりません。今、体力のある内に民営化をし、新規事業を展開、軌道に乗せておく必要があります。

民営化を実現すれば、ムダな公共事業に使われていた資金が経済の活性化に有効に使われることになります。さらに毎年、法人税など約5000億円もの税収が増え、年金や、社会保障の財源確保にもなり、地方経済にとっては、固定資産税が町の財源になりメリットがあります。地方の郵便局はなくなりません。

 民主党は、マニフェストに郵政民営化を一言も書いていませんでした。書いていたのは、郵政公社の規模縮小だけ、民主党の郵便貯金の預け入れ限度額を1000万円から500万円に引き下げる公約は、これが実現すれば、過疎地の郵便局の閉鎖や、約8万人がリストラされる恐れがあります。口で改革を叫びながら、改革つぶしに紛争しているのが、民主党や共産党なのであります。

もっと大事なことがあると焦点をそらし、それは年金の一元化だと、そして最低保証年金7万円を実現すると言っています。財源としては年金目的消費税3%でまかなうと言っていますが、最低保証年金7万円を実現するには、20兆円の財源が必要になります。
これは消費税で計算すれば8.5%の税率になると試算されています。民主党は国民がいくら負担すれば7万円の最低保証年金がもらえるのかということを示していません。

一元化すれば、自営業者の保険料は平均で5倍にも跳ね上がる欠陥政策です。
明確なのは年金目的消費税3%の大増税だけなのです。また、年金を払い終わった人から年金目的消費税をとることは、税の2重取りとの批判もあります。

子育て支援についても、民主党は過去2回に及び児童手当の拡充にバラマキなどと批判、国会で2度も採決の段階で反対したのは民主党だけです。今回のマニフェストに、児童手当の拡充とは書けず、子ども手当てとしていますが、政権公約の子ども手当ては、約3兆円かかる費用に対し、具体的な財源を示したのは1兆9000億円分だけ。1兆円も財源が足りません。

政権ほしさに、国民に絵に描いた餅を並べるパフォーマンス政党、前回あれだけ騒いだマニフェストも実績ゼロ、高速道路料金無料化はどうなったのか?

共産党もマニフェストすら出せない、消費税廃止する・元に戻すの公約はどうなったのか?。今回は将来の大増税に反対すると、いつの間に5%を認めたのか?。確かな野党は、反対だけが実績で、これまた実績ゼロ。将来の大増税に反対する公約なら守れそうだ。

今回の結果は、当然といえば当然、国民の賢明さにバンザイ。
 
 

寄付行為の禁止を申し合わせ

 投稿者:町の議員  投稿日:2005年 8月 1日(月)15時10分41秒
返信・引用 編集済
  議会だよりで公選法周知も、千葉県議会は先ごろ、各派代表者会議を開き、選挙区内での寄付行為の禁止を改めて徹底するよう申し合わせるとともに、8月5日号の県議会だよりに申し合わせ文を掲載して、関係者に周知を図っていくことを決めた。

埼玉県行田市で今年5月、市議ら7人が地元の運動会に「参加費」として数千円ずつ寄付し公選法違反の疑いで、書類送検された一件を受けて、今後、夏祭りや運動会シーズンを迎えることから同議会での申し合わせを図ったもの。

公選法では、政治家の選挙区内の有権者に対する、いかなる名目の寄付行為も禁止しているが、地域の慣例行事などでは依然、儀礼的に参加費として拠出するケースや、また受ける側にも公選法に関する認識が薄いなどの事情がある。

公明党は7月14日、議員の寄付行為禁止に関して、法令順守の再確認と、広報紙などを使った公選法の地域社会への周知徹底に取り組むよう全県本部へ通達を出した。
また、8月末に実施する県本部夏季研修会でも重ねて全議員へ徹底することにしている。

一方、今回の申し合わせを受けて、自民党千葉県連は県内の同党全支部に寄付行為の禁止を改めて周知徹底する「通知文」を送付、他の会派でも今後、同様の動きがあるとみられる。
提案者の吉野県議は「警察が改めて違法と判断し、書類送検した事実は重い」と受け止めていると話している。

九度山町でも、昨年1月中旬、町内の寺で開かれた旧正月を祝う行事の際「お供え料」として寄付をし町長、町議2名が書類送検されている。ことから、今後、公選法の周知徹底が必要だ。
 

九度山町 6月定例会一般質問から。

 投稿者:町の議員  投稿日:2005年 7月11日(月)16時26分33秒
返信・引用 編集済
  母子支援施設(わかくさ)の建て替えについて。

岡本議員の質問から

(質)岡本  前回・前々回で町長の方から説明があり、建て替えの目的は、ヒビが入っ
       て安心して生活が出来ないというのが大きな建て替えの理由だと言われた
       ように思います。

       また、補助金がつかなくなったのに、建設して行こうとしている。私とし
       ては理解できません。もう少し詳しく説明をして頂きたい。

(答)町長  本年2月22日の組合議会で、建て替えの計画が決定されております。ま
       た、4月2日に開催されました全員協議会におきましても、再度、その確
       認がなされているところであります。

       本事業に係る財源として、当初、国・県の補助金を見込んでおりました
       が、国の三位一体の改革によりまして、平成17年度から施設整備補助金
       が交付金化されることになったため国へ交付金申請に係る協議書を提出し
       ておりますが、内示はまだ発令されていないとのことでございます。


       また補助金の交付金化に伴い、県補助金が廃止となるため、減少分を起債
       で補うべく申請手続きをしております。

(質)岡本  本当に今、建て替えが必要かどうかということから、議論する必要がある
       のでは。 前町長の時に決めたものだから、新しい町長はやかましく言う
       な、みたいな言い方で進めて行くのはいかがなものか。

(答)町長  前から決まっているから、新しい者はやかましく言うなと言った覚えはご
       ざいません。どなたが言いました。言うてください。

       新しい首長の方も(わかくさ)をそれぞれ見に行かれまして、それから後
       にも議会は開かれているわけです。そんな中で、建て替えようと決まった
       わけですから、何も無理押しした覚えはございません。

       それと、1市4町1村から入りたいと照会があって、母子の方が見に来られて
       も、あんな狭い汚いということで断られます。この近隣の皆さん方にご利
       用して頂くために、建てたもので 有りながら、残念ながら近隣のほとん
       どが断ってこられるわけで、時代にそぐわなくなっているのが現状。

       まだ、返済も残っているけれども、建て替えようと言うことになったわけ
       で有りまして、私は別に無理強いをした覚えはございません。

       だれであろうと、夫と別れて子供を連れて、いうなれば傷心と言いますか
       、不安な形の中で入ってこられるわけですから、その人たちを、癒してい
       かないといけない。子供も親も、いろんな理由があってこられるわけです
       から、そういう方が安心して暮らしていけるような形づくり、そして、そ
       の受けた傷を一日でも早く癒し、また前向きな人生をスタートできるよう
       な環境を作っていくのは市町村の責任、建物だけでなく、施設に勤める人
       たちも精神誠意ということに努めていかなければならない。そのように実
       行してくれております。
 

悪質リフォーム詐欺に会わないために、

 投稿者:六郎  投稿日:2005年 7月11日(月)09時06分3秒
返信・引用 編集済
  前面道路の幅員が4m未満の狭い町道・公道に面している住宅の耐震改修・リフォームは、事前に町の建設課又は、町内、建築設計事務所に相談を、

耐震改修の補強強度・施行方法について疑問があれば、町内の建築設計事務所に相談してください。対応致します。
 

悪質リフォーム対策強化

 投稿者:佐助  投稿日:2005年 7月10日(日)21時04分49秒
返信・引用 編集済
  国土交通省 各県に相談窓口設置。  北側一雄国土交通相は8日閣議後の記者会見で、悪質な住宅リフォームが増加している実態を受けて、相談体制の強化などの対策に乗り出すことを明らかにした。

検討委は、有識者や弁護士、消費者団体代表で構成。

① 消費者への情報提供体制
② 建設業法に基づく業者への指導・監督のあり方
③ 耐震改修などのリフォームに関する性能評価 などについて検討することになった。
 

国会議員の給与1割増し

 投稿者:住民  投稿日:2005年 7月10日(日)18時51分14秒
返信・引用 編集済
  痛みを国民と分かち合うとして2002年度から法律で、国会議員の給与1割カットが実施されていたが、                                2005年度は、その法律が提出されず、給料が元の月額132万8000円に戻った。

これは、月額9万500円ものアップになり、衆参国会議員合わせると年間10億1416万円の税金が消えることになった。

国政の失敗で、バブル崩壊後10年以上も地方経済の建て直しの有効な手を打てない国会議員、国民の痛みは益々厳しくなっているのに、郵政民営化のドサクサにまぎれ、給料が1割増額に、あきれたものだ。
 

玉川峡のホタル最盛期

 投稿者:玉川峡愛好会  投稿日:2005年 7月 4日(月)11時27分48秒
返信・引用
  玉川峡のホタルが、今年も最盛期をむかえている。
九度山町河根を過ぎると、塩の瀬橋付近から上流に向かうほどホタルの数は多くなります。

時間帯は8時ごろから9時過ぎが最も多く見られます。

さえもん駐車場か上駐車場に車を止め、歩いてみてはいかがでしょうか。

対岸の繁みの中には、たくさんのホタルが飛び交っています。
上駐車場手前の対岸がとってもきれい。

丹生川小学校までの対岸も多く見られます。

今年は、さえもんの駐車場の公衆トイレも改築され、身体障害者用トイレも備え、水洗化されてきれいになっています。

7月の初旬までホタルは見られますので、是非見に来てください。

でも、ホタルは持ち帰らないでくださいね、ゴミは持ち帰りましょう。夏の川遊びにも、また来てください、お待ちしています。
 

レンタル掲示板
/1