teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ミステリマガジン3月号

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2021年 1月23日(土)16時57分50秒
  飯城勇三です。
ミステリマガジン3月号が届きました。〈クイーンのライツヴィル〉特集。
 ①有栖川有栖・綾辻行人・法月綸太郎・麻耶雄嵩(司会・千街晶之)に
よる中・後期クイーン座談会は、テーマが狭いにもかかわらず、さまざま
な(作家ならではの)意見を次々と語る4人に感心しました。クイーン・
ファンだけでなく、この4作家のファンも必読でしょう。
 ②山口雅也の「ライツヴィルを探せ!」は、残念ながら原書房『名探偵
の世紀』からの再録。
 ③陸秋槎の「『後期クイーン百合』とは何か」は、内容自体は中期以降
のクイーンをめぐるエッセイ。これも実作者ならではの視点が面白いです。
 ④ジョセフ・グッドリッチの戯曲版『災厄の町』は、Queendom113号21p
で紹介した脚本の翻訳。原作小説と読み比べると、すごく面白いですよ。
 ⑤私の「エラリイ・クイーンのライツヴィル訪問記」と「ライツヴィル
年表」は、マニアには物足りないかもしれませんが、まとめて並べてみる
と興味深いと思います。
 ではみなさん、購入して、盛り上げて、『ダブル・ダブル』以降の新訳
につなげましょう!
 
 

ミステリマガジンのクイーン特集

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2021年 1月15日(金)21時10分48秒
  飯城勇三です。
私がお手伝いしたミステリマガジンのクイーン特集、内容が
公開されました。
https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000014748/
目玉は舞台版『災厄の町』です!
お楽しみに。
 

HPが移転しました

 投稿者:編集長S  投稿日:2021年 1月10日(日)23時12分9秒
  編集長Sです。
EQFCのHPが移転しました。
旧サイトは2021年1月28日(木)15:00からアクセスできなくなりますので、
今のうちにブックマークを変更してください。
移転に関しては、HPのカミゴエ、林さんにお世話になりました。
ありがとうございます。
 

クイーンのパスティーシュ

 投稿者:No149  投稿日:2021年 1月 5日(火)21時46分32秒
  EQMMの最新号に、クイーン(他、いろいろ)のパスティーシュが載っているとか。作者はジョシュ・パークターとのこと。
以下のツイートを御参照。

https://twitter.com/mayu_tak/status/1345984490338885633

 

『フォックス家の殺人[新訳版]』

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2020年12月15日(火)21時56分36秒
  毎度おなじみ飯城勇三です。
本日、HM文庫『フォックス家の殺人[新訳版]』の見本が
届きました。
帯は綾辻行人さん!
越前さんの翻訳は相変わらず見事です。
私の解説では、ファンなら「おお」というネタを入れています。
旧訳版を持っている人も、ぜひご購入を!
そして、『ダブル・ダブル』以降の新訳版刊行につなげましょう。
 

西日本新聞に再びクイーンが登場

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2020年12月 7日(月)22時05分53秒
  毎度おなじみ飯城勇三です。
西日本新聞の10/20号で、クイーン(ダネイ)が夏樹静子に
宛てた手紙が紹介されたのは、ご存じだと思います。
その記事の補足的な記事が、12/1号に載りました。
ダネイと夏樹静子の交流や、ダネイが詩人でもあったことを
紹介しています。
今回はネットでは読めないので、興味のある人は、以下の方法
でご購入ください。
------------
~西日本新聞朝刊12月1日付購入 お申し込み方法~
hanbai-kikaku2@nishinippon-np.jp
上記アドレス宛に必要事項(下記記入例をご参照ください)を
お送りください。
(記入例)
メールタイトル:西日本新聞朝刊12月1日付購入希望
メール本文:お客さま氏名、ご希望の部数(お一人様5部までと
させていただきます)
いただいたアドレス宛にご購入方法(お支払い方法)を記載して
返信いたします。
------------
 

『文学少女対数学少女』

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2020年12月 4日(金)22時20分38秒
  毎度おなじみ飯城勇三です。
陸秋槎『文学少女対数学少女』 (HM文庫) を読みました。
クイーン関係というよりは、〈後期クイーン的問題〉関係。
法月綸太郎みたいに、評論を小説化したような感じですが、
作品自体は麻耶雄嵩みたいです。
でも、クイーン・ファンが注目すべきは、作品よりも、
・作者あとがき
・原書に付いていた葉新章の解説
・日本版に付いていた麻耶雄嵩の解説
ですね。
 

HP更新しました

 投稿者:編集長S  投稿日:2020年12月 2日(水)21時41分55秒
  毎度おなじみ編集長Sです。
HP更新しました。
例によって「HPの国士無双」氏に感謝!
会誌113号の紹介を追加しました。
今号の必読も、まずNEWSです。
会員の犯人当て回答や『ギリシャ棺』アンケートも面白いですよ。
送料込み1500円ですので、会員以外の方は、ぜひ注文してみて
ください。
 

会誌113号の発送完了

 投稿者:編集長S  投稿日:2020年11月30日(月)20時52分45秒
  編集長Sです。
会誌113号の発送が終わりました。早い人は明日、遅い人
でも木曜日には届くと思います。
お楽しみください。
 

HMMのクイーン特集

 投稿者:飯城勇三  投稿日:2020年11月24日(火)21時08分48秒
  毎度おなじみ飯城勇三です。
ハヤカワ・ミステリマガジンの3月号(1月25日発売)は、クイーン特集です。
テーマは「クイーンのライツヴィル」。
間もなく新訳版が刊行される『フォックス家の殺人』『十日間の不思議』との
タイアップですね。
私も少しお手伝いしましたので、楽しめる特集になっていると思います。
ご購入、よろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/35